施工を支える機械設備


自走タイプ
マシン本体(駆動装置)をレール上で走行移動させてワイヤー張力を調整します。 大型機種が多く大断面を一気に切断することができ効率的です。





ガイドビーム走行型
駆動プーリ(駆動装置)はガイオビーム上で走行移動してワイヤー張力調整装置を 組み込んだコンパクトな機械です。





ウォールソータイプ
駆動プーリ(駆動装置)はガイドバー上を走行移動してワイヤー張力調整装置を 組み込んだコンパクトな機械です。





リグタイプ
被切断物に直接リグを取り付けて切断する。ワイヤー張力調整はリグ内に組み込 まれたプーリの移動で行う。





 
ガイドシーブ架台
切断物と駆動装置間のワイヤーをガイドシーブで自在に導くことができ、駆動装置の 入らない狭いスペースでも、立地条件に合わせた機械配置が可能です。 まれたプーリの移動で行う。





 
ダイヤモンドワイヤー
ダイヤモンド砥粒を埋め込んだビーズを一定間隔に配置し結合したもので、切断対象物 により最適なワイヤーを選択します。



ホームページの閲覧には Internet Explor 6.0 以上を推奨します。
このホームページに掲載している記事、写真、動画等あらゆる素材の無断複写、転載を禁じます。

Copyright 2001-2015 DWS all rights reserved.